養生青汁とは?

抹茶のようで飲みやすい

以前よりどの青汁も飲みやすく改良されてきていますが、それでも美味しく飲めるものは多くありません。
中には野菜の青臭さがそのまま残っていて、嫌々飲まないといけないものもあります。
そういった美味しくない青汁だと飲み続けるのは難しく、結局お金の無駄になってしまうことが多いです。
そのため、青汁を選ぶ時には味にもこだわらないといけません。

やずやの養生青汁は栄養素だけでは無く飲みやすさも追及しています。
100人に対してアンケート調査を行ったところ、89人が飲みやすいと回答されたそうです。
およそ9割の方が飲みやすいと感じたということなので、青汁に苦手意識を持たれている方でも飲める可能性が高いです。
どうしてそこまで飲みやすいのかというとその秘密は主原料の六条大麦若葉に隠されています。
一般的な青汁は栄養素が豊富なケールを主原料としています。
しかし、ケールはクセが強く、お世辞にも美味しいとはいえません。
一方、六条大麦若葉はクセが非常に少なく、抹茶のような味を楽しむことができます。
さらにハト麦エキス粉末をブレンドして、飲み物に溶けやすいように工夫されています。

青汁の中でも飲みやすさナンバーワンとも呼び声が高いので真の野菜嫌いな人にこそおすすめです。

 

Page top

 

脱毛エステサロン
全身脱毛